富山の木をもっと知る

富山の木には、富山ならではのすごいがいっぱい

富山県の総土地面積は425,000haで、総森林面積は284,000ha。
なんと、森林が県土の67%をしめており、その植生自然度は本州随一といわれています。
まさに、富山は豊かな森林につつまれたふるさと。切りだされる木材も、代表品種のスギをはじめ、じつにさまざまで、輸入材や他の国産材に引けをとらないすぐれた性能をもっています。

婦負森林組合が管理する面積構成

県産材といえばタテヤマスギです

海抜0mの海岸があり標高3,000mの山岳もある富山には、常緑広葉樹林からハイマツ林まで多様な森林が分布しています。
また、スギ、マツ、ヒノキ、ブナ、ナラ、クヌギと、樹種もじつに豊富です。
県産材としておもにもちいられているのはスギで、タテヤマスギとボカスギがその大部分をしめています。

タテヤマスギとボカスギ

強く、優しく、富山の風土になじみます

県産材は多雨多雪というたいへん厳しい気候のなかで育っています。
それゆえ、湿気によるさまざまな影響を受けにくいのが特徴です。
実際におこなわれた性能試験でも、北洋材や北米材といった輸入材にくらべ、すぐれた調湿性、耐朽性、耐蟻性を有していること、また、他の国産材にひけをとらない強度を有していることがわかりました。
つまり、県産材の家に住むことは、富山の風土に寄りそった、安心・安全で快適な暮らしを営むことだといえるのです。

強く、優しく、富山の風土になじみます

いま、県産材でつくる家が注目されています

富山県の木材需要はその約80%を、北洋材をはじめとした輸入材に頼っています。
しかし、近年、調湿性や耐久性といった性能にくわえ、森林・環境の保全、林業の活性化、地元産の安心感などから、県産材が見直されるようになってきました。
住宅の構造材や内装材への利用も積極的にすすめられており、エコやロハスに関心があるかたを中心に、大きな注目をあつめています。 地域材をつかうメリットについてさらに詳しく